インディジャパン2008
2008年4月19日/20日

INDY JAPAN.comhttp://www.indyjapan.com/
ツインリンクもでぎhttp://www.twinring.jp/

4月19日土曜日:雨天中止
雨が心配でしたが上がっていました。 良かった。良かった。 4時には出発して、下道も慣れたスペシャルコースで、7時にはツインリンクもでぎに到着しました。
ゲートが開くと、いつも通り朝からパドックを物色していました。その中でも、車検場前に各車が控えていて、ライアン・ブリスコー車で新しくなったパドルシフトを見ることができました。こんなことが出来るのはインディだからです。 いつも通りですが、観客の前を普通にクルマが通って行きます。この感じがアメリカのレースっぽくて、本当に面白いです。 ビットでは、天候や風向きの応じてギア比の調整をしているクルマが多く、ギアボックスの中身を見ることができました。 思ったより小さい感じでしたね。
また、いつも通りドライバ達は、普通に歩いています。 ダニカ・パトリック、ダン・ウェルドン、スコット・ディクソン、武藤 英起などは人気があってもみくちゃですが、他のドライバはいたって陽気にサインに応じています。 特に、今年から走ることになった、ジェイ・ハワードはサービス満点でニコニコで答えていました。 お昼ごはんは、パドックのカフェで食べたのですが、その奥がスタッフ用のレストランで、前の道をいろいろなドライバが通ります。 この感じがアメリカンレースですね。 本当に全てが身近にあります。
お昼になっても風が強く寒い1日ですが、雨は何とか持っています。 オープニングセレモニーは、ブルーインパルスが来なかったのが残念だったのですが、それでもいつも通り盛大に行なわれました。 しかし2コーナーと4コーナーでコース上に水が湧き出すと言う事で修復作業となりました。 インディカーは、少しでも雨が降ればレースは開催されません。 ごみが落ちていても、それでもフルコースイエローとなります。 それだけ高速でレースがされるのと、ドライバーの安全を第一となっているからです。 ずっと待機状態になりましたが、15時過ぎにレースを開催しても日没となるため、レース中止となり、日曜日に順延となりました。
さぁ困った。 わざわざ東京まで戻るのもたいへんです。 事前に水戸市内のホテルを調べておいたので、すぐに予約をして水戸駅前まで戻ることにしました。 『みまつホテル』に泊まったのですが、R太とセミダブルに素泊まりしてコストダウン。 二人とも朝から歩きっぱなしで、すぐに寝てしまいました。

4月20日日曜日
朝は6時起きですぐに出発です。 7時にはツインリンクもでぎに入って早速パドックへ。 今日は風が強いものの、朝から雨は降らずレースはできそうです。 各パドックも、ドライバー達もやる気が感じられます。
今日は予定通りに、11時にグリーンフラッグが切られました。 スタート後一周もせずに、マルコがクラッシュ。 去年の松浦と同じクラッシュでした。 レースは、エリオとスコットがリードしていきます。 本当にペンスキーとチップガナッシィは強いです。 そう思うと、今年のAGRは少し遅れている感じですね。
スポット参戦なのに全然走れなかったロジャーですが、周回遅れになりながらも確実に走っていましたが、141周にブレーキトラブルでホームストレートでストップ。 ピットウォールに当たらずマシンを温存できたのは良かったです。 レースの方は、ここでピットに入るのだが、残りは50週ちょっととなり微妙に走りきれない状態。 イエロー明け直前に、カストロネベス、ダニカ、エドがスプラッシュ。
レースは終盤に向けて、燃費勝負となった。 その後はイエローが出ない。そうなるとどうなるんだろう。グリーンでのピットストップは周回遅れになるくらいのロスとなる。 今まで通りスコットがリードするも、スプラッシュをしなかったドライバは残り10周あたりから給油に入ってきます。 そこで残ったのは、2連覇がかかるエリオ!しかし、かなりスピードが遅い。 残り数週でダニカが横をぶっちぎりで抜けていきます。 その頃には優勝セレモニーを目の前で見るために最前列の入り口前に移動して待っていました。 騒音の中、大騒ぎになっているのですが、あれれホワイトフラッグ。そしてチェッカーは・・・ダニカ!? 最後の数周で目まぐるしく変わりました。 でも、メジャー・オープン・ホイール史上、最初の女性ドライバーが優勝する瞬間を目の前で見る事ができました。
その後のセレモニーは大騒ぎ、いくつもデジカメで撮ってきました。 面白かったのは、優勝トロフィーはインディ500並みに大きい(ダニカの肩の高さ程)のですが、2位エリオ、3位スコットは、30cm程度の大きさで、皆で並べて笑っていました。 インディはもともと優勝者しか表彰されないのですが、今年から3位まで上ることになって急遽作ったのだと思いました。 本当にダニカが嬉しそうで、早く日本人が優勝するところを見たいと思いました。武藤はその可能性があります。 昨年の優勝ナンバーをもらっているし、この勢いをキープして、ぜひ勝って欲しいです。 レースの後もパドックに行ったのですが、次の週にもレースがあるので撤収が早いこと。連戦しているので手際が良いのですね。

ところでR太くんですが、レール上をクルマが走って、コントローラでスピードを調整できるコーナーが超お気に入りで、数十回やっていました。 彼にとっては、このゲームが一番楽しかったのかもしれません。
帰りにコレクションホールを見て来ました。歴史あるマシンが幾つもあって、本当に飽きない感じでした。 それと昔にのっていたクイントインテグラがありました。 色は違いますが、本当に懐かしくなりました。

雨で日曜日に開催されたインディ・ジャパンですが、目の前でダニカの優勝を見ることもできたし、たくさんのドライバにサインを貰ったり、写真撮影をしてきました。 そして、表彰式もコースに入って、最前列で見てきました。 気軽に答えてくれるのが、アメリカのレースの良いところ。 国際レースでも、このフレンドリーさですからね。 来年はチャンプカー組も来るだろうし、開催時期も変更になると思うけど、来年も来たいなぁ。


VIDEO CLIPS
 携帯電話で撮ってみました。 迫力が伝わるかなぁ!?。
レーススタート
レーススタート
レース中
レース中
リスタート
最前列席から
※右クリックで保存してから見てね。

PHOTOGRAPHIC COLLECTION
クリックで大きくなります。




ガレージ宿河原