YRS ドライビンレッスンFISCO

日時2005年5月16日(月)
天候晴れ(25℃)
場所FISCOジムカーナ場
ランサーエボリューションZGSR
仕様RalliArt:BrakeHose
RalliArt:LowTempThermoStat
NewNEOVA
結果Best:15.041

走行回顧 いつも通りちょっと早めにFISCO到着。 東ゲートがこんなに綺麗に・・・・。 えらい変わりようにびっくり。
ところで、東ゲートの周りは、スカイラインだらけ。 本コースで走行会のようです。 ゲートオープンが7時30分と言う事でけっこう遅め。 かなり混んでいる。 そこで、目の前の駐車場で、時間がかかる着替えと、シートベルトの取り付けは済ませてみた。 広い構内道路を通って、ジムカーナに入ると、既にかなりの人が集まっていた。

今日の流れはこんな感じ。9時から4時半まで、みっちりのメニューだ。
 ・座学
 ・ブレーキング練習
 ・コーナリング練習
 ・同乗走行
 ・ラップタイム計測

ブレーキ練習

定刻から、座学が始まるが、外なのでトムさんの話が中心。 理論的な内容だが、それを実践するのが難しい。
最初のブレーキ練習は、縦方向を使って2速で加速し、パイロン付近からブレーキを開始し、加速から減速への挙動を練習する。
ポイントはこんなところ。
 ・アクセルのあと、ブレーキを踏む間に、パーシャルな状態を作る。
 ・ブレーキでABSは使わないようにする。
 ・前つんのめりの状態でブレーキをしない。
 ・微妙にタイヤから音がする感じが良い。

実際にやってみると、いつも、いつもトムさんから指摘されるのだが、どうも『パーシャルな状態』を作れない。 単純に間をおけば良いとのだが、単純に時間を取っただけでは、遅くなる。 車の挙動を感じて、最短の必要な時間を感じ取れないといけない。 ブレーキ操作で、ABSが効かない、薄いスキール音の状態は作れるのだが、外から見ると、前つんのめりの状態のようである。 難しい。

コースはこんな感じ

次はオーバル(44 x 104m)を使って、コーナリング練習。
最初は左回りからだが、相変わらずの突っ込み病は出てしまう。 車が三角になっている。 ベスモのテストでもそうだが、エボってスラロームやコーナーで、内後輪が浮いてしまう症状が出る。 まぁバージョンが進むにつれて改善はされているようだが。 やはり4輪でグリップした方が良いので、できるだけ後ろに挙動を持って行く必要が出る。 しかし、分かっているが、うまくいかない。 難しい。 2本走ったが、トムさんからgoodの声は聞こえない。 あとでアドバイスを聞くと、「いっそのことアクセル、ブレーキから足を離して、コーナーに進入してみて、動きを感じたら?」と言われた。
コースの真ん中で見学していると、天気が良かったせいか路面が暑い。 素手では、ずっと触れていると熱いと感じるくらい。 気温が上がりそうだ。

次から計測。
左回り計測1本目で、15.1秒は出たが、どうしても15秒を切れない。 いろいろやってみたが、脱出でアンダーがきつくなるばかりで、遅くなるばかり。 計測終了後、トムさんに運転して頂き、再度動きのチェック。 いつもそうだが、コーナーリング中に、実にうまくロールさせる。 前つんのめりの症状も、とても少ない。 簡単そうだが、これが真似出来ない。 今考えてみると、自分のリズムが、ブレーキの開始ポイントが遅く、やはり突っ込み症なんだと思う。 それを改善できないとダメなんだろうなぁ。 左回り計測2本目も、悩みが増えた分、さらにチグハグになり、15秒を切れず。

さすがインストラクターのドライブは違う

今度は右回り。 運転席が右側の国産車は、人間が内側になる右回りの方が有利と言う事。 前半組を見ていても、慣れて来たためか、皆さんの動きが良くなって来ている。 ま、まずい。 右回り計測1本目、直ぐに15秒前半は出るものの、14秒にはいかない。 やはりアンダーが残ってしまう。 これが直らないと、結果は変わらない気がする。 走行が終って話をすると、久我さんが「周回毎にタイムが0.1秒づつ落ちているよ。 路面が熱くて、タイヤが垂れているみたい。」と教えてくれた。 重量級のエボは、タイヤの発熱がし易い。 特にタイヤ圧は気にしなかったが、この程度のコースでも、調整が必要な季節になったと言う事か? 右回り計測2本目も、いろいろやってみたが、やはり結果は変わらず。 悩んでいるうちに走行終了。
たぶん考える分、動きに対する対応が遅れるので、良くない。 それに、ストレート部分の減速を始めるところから、次の脱出の動きがうまくいくかが、決まってしまうのかも知れない。 結果から言えば「奥が深い」の一言だろう。

一通りの走行が終了したら4時になっていた。 トムさんのお話しの後、最後にもう一回走ることができた。 もうお腹いっぱい。

S田さんのZ!かっこいい

片付けの後、いつも通り皆さんとご飯を食べて帰ってきました。

今日言われた事のポイント
 ・ブレーキのあとフロントから荷重を戻して、パーシャルを作る。
 ・コーナーの進入で、ブレーキを擦るように少しかける。
 ・進入は、ステアリングをゆっくり切りはじめ、徐々に切り足す(スパ切りはしない)。
 ・リアにもっと荷重を残し、前後に均等にロールさせる。
 ・スキール音が綺麗に鳴く様にする。
 ・コーナーのパーサーでのスピードを高く保つ。
 ・周回毎のバラツキを少なくし、タイムをそろえる(0.3秒以内)

ちなみに帰りは大井松田ICからのりました。
 ・大井松田IC⇔川崎IC:1600円
 ・御殿場IC ⇔川崎IC:2250円

650円の差は魅力かも。 FISCOは、御殿場ICから大井松田側へけっこう戻るし、246号は登坂車線があるし、特に朝は交通量が少ないし、次は大井松田で降りてみようと思う。




ガレージ宿河原